SUBSIDY 補助金

補助金

令和3年度 蓄電池補助金 | 妙高市 新潟県 

  • 2021.09.18
  • 補助金

最終更新日:2021/9/18

こちらでは「新潟県」「妙高市」にお住いの方が、蓄電池導入の際に受け取ることのできる補助金の情報を公開しております。

蓄電池の導入費用は決して安いものではありません。「少しでも安くいいものを…」とお考えの方がほとんどでしょう。
そんな中、補助金が用意されている地域では補助金を使わない手はありません。

皆様から多くご質問いただく【国】【新潟県】【妙高市】それぞれの金額シミュレーションはもちろん、受給できる補助金がある場合は詳細情報も掲載しておりますので、ぜひその中身をチェックしてみてください!

妙高市 補助金シミュレート

新潟県妙高市にお住いの方が受け取れる蓄電池の補助金シミュレーションはこちらになります。

【国】補助金額

 0円 
現在補助金はありません

【県】新潟県 補助金額

 0円 
現在補助金はありません

【市】妙高市 補助金額

妙高市では2種類の補助金が用意されています(併用不可)

① 妙高市住宅取得等支援事業
最大 30
万円
※税込100万円以上の工事であること
※工事費の1/4以内

②安全・快適住まいづくり支援事業
 最大 10万円
※税込10万円以上の工事であること
※蓄電池容量1kWhあたり2万円(5kWh以上の設置が必要)
※一般世帯は工事費の1/5以内
※地域商品券での交付となります

①の補助金が30万円に対し、②の補助金は10万円でなおかつ地域商品券での交付となるため、①を優先的にお考えいただくことをお勧めしますが、①の補助金は対象となるための条件がかなり厳しいと言えるので、一度それぞれの対象となるための条件をご確認ください。ご不明点等ございましたら蓄ナビまでお問合せいただければと思います!

妙高市 | 補助金 詳細情報 ①

補助制度名称

妙高市住宅取得等支援事業


対象者

  • 現に申請者が居住している住宅、または、新たに取得する中古住宅が対象です。
  • 併用住宅の場合は、延床面積の1/2以上が住宅で、かつ住宅部分の延床面積が50㎡以上が対象です。(共用部分は、面積按分となります。)
  • 対象となる住宅は、交付申請日の段階で申請者の名義で登記(保存登記)され、1/2以上の所有権を有しているものです。
  • 令和3年4月1日以降に、妙高市内で自ら居住する住宅の増・改築等工事をする方で、対象住宅の1/2以上の所有権を有する方が対象です
  • 交付申請書の提出日において、40歳未満の方
  • 市税等の滞納が無い方
  • 現に3世代同居の世帯又は、増・改築等工事後、新たに3世代同居を開始する方。もしくは婚姻に伴い増・改築等工事を行う方

蓄電池単体の申請可否

可能


補助対象設備条件

リフォーム等の蓄電池システムの設置及び改修に当てはまる内容であること


申請時期

2021/4/1~2022/2/28


申請のタイミング

設置工事前・設置工事後 2回必要


申請必要書類

設置工事前申請

  • 補助金交付申請書
  • 契約書の写し(新築住宅、建売住宅、中古住宅、土地の取得、増・改築等、家財道具の処分等の場合)
  • 案内図及び各階平面図等(増・改築等の場合は、工事範囲、工事面積がわかるもの)
  • 見積り書(新築住宅、建売住宅、増・改築等、家財道具の処分等の場合)
  • 対象住宅の登記簿謄本(増・改築等の場合)
  • 着手前写真
  • 転入誓約書(転入者)
  • 婚約証明書(結婚に伴う増・改築等で、婚約により交付申請を行う場合)
  • その他市長が必要と認める書類

設置工事後申請

  • 実績報告書
  • 領収書の写し
  • 対象住宅と土地の登記簿謄本
  • 建築基準法第7条に係る検査済証の写し又は建築確認等台帳記載証明書の写し
  • 着手前及び完成写真(住宅及び土地の状況、増・改築等は工事の状況がわかるもの。)
  • 販売業者から購入した場合は、宅地建物取引業法に基づく免許証の写し
  • 他の補助金の決定通知書(妙高市が行っている他の補助金の交付決定を受けている場合)
  • その他市長が必要と認める書類

引用:妙高市公式ホームページ(地域共生課 移住定住推進係)

妙高市 | 補助金 詳細情報 ②

補助制度名称

安全・快適住まいづくり支援事業


対象者

  • 市内に住所を有する方又は市内に転居する意思を有する方 ※市内に転居する意思を有する方の場合は、居住する旨の誓約書が必要です。
  • 自らが所属する世帯の世帯員全員の前年所得金額が1,000万円以下の方
  • 申請時において世帯員各々が市税等を滞納していない方
  • 既存住宅のみ対象(新築住宅は対象外)
  • 妙高市内に本社、本店がある法人との契約が必須

蓄電池単体の申請可否

可能


補助対象設備条件

  • 蓄電容量5kwh以上の蓄電池システムを設置する工事
  • 常時、太陽光発電設備と接続し、太陽光発電設備で発電された電力の全部又は一部を蓄電池システムに充電するとともに充電した電力を当該住宅で消費するもの。
  • 未使用のもの(リースは対象外)

申請時期

2021/4/1~2022/2/28
※予算額に到達次第終了


申請のタイミング

設置工事前・設置工事後 2回必要


申請必要書類

設置工事前申請

  • 補助金交付申請書
  • 事業計画書
  • 工事見積書
  • 工事着手前写真
  • 図面(案内図、平面図、立面図等)
  • 使用材料の品質証明書

設置工事後申請

  • 実績報告書
  • 収支決算書
  • 工事請負契約書の写し
  • 工事代金領収書の写し
  • 着手前、施工中及び完成後の写真
  • 施工証明書

引用:妙高市公式ホームページ(建設課 建築住宅係)

蓄電池設置の相談・問合せ

補助金についてはもちろん、最新機種情報、あなたのご家庭にぴったりの蓄電池についてなど、様々なご質問を承っております。
どの地域でも、補助金は受付件数に限りがあります。蓄電池導入をご検討されているかたはお早めにお問合せください。
まずはお気軽にお問合せを。お待ちしております!


こちらには現在人気の蓄電池ラインナップを掲載しております。
蓄電池にもその時々の流行りがございますので、どうぞ合わせてチェックしてみてください!

※補助金制度は地域や時期によって内容が異なります。
※代行時も、お客様にてご準備いただく必要書類がございます。

support
0120109296 資料請求から補助金まで無料メール相談 資料請求から補助金まで無料メール相談