SUBSIDY 補助金

補助金

令和3年度 蓄電池補助金 | 八幡市 京都府 

  • 2021.09.18
  • 補助金

最終更新日:2021/9/18

こちらでは「京都府」「八幡市」にお住いの方が、蓄電池導入の際に受け取ることのできる補助金の情報を公開しております。

蓄電池の導入費用は決して安いものではありません。「少しでも安くいいものを…」とお考えの方がほとんどでしょう。
そんな中、補助金が用意されている地域では補助金を使わない手はありません。

皆様から多くご質問いただく【国】【京都府】【八幡市】それぞれの金額シミュレーションはもちろん、受給できる補助金がある場合は詳細情報も掲載しておりますので、ぜひその中身をチェックしてみてください!

八幡市 補助金シミュレート

京都府八幡市にお住いの方が受け取れる蓄電池の補助金シミュレーションはこちらになります。

【国】補助金額

 0円 
現在補助金はありません

【府】京都府 補助金額

 0円 
現在補助金はありません

【市】八幡市 補助金額

 最大 23万円
・太陽光A:1kWあたり1.5万円(上限5万円)
・太陽光B:1kWあたり1万円(上限4万円)
・蓄電池B:1kWhあたり1.5万円(上限9万円)
・定額B:5万円
※太陽光単体(A)の補助金と、太陽光+蓄電池(B)の補助金が用意されており、太陽光設置分に関してはどちらも受給することが可能

八幡市 | 補助金 詳細情報

補助制度名称

A:令和3年度八幡市住宅用太陽光発電システム設置費補助金
B:令和3年度八幡市家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金について


対象者

A:太陽光のみ

  • 市税を滞納していないこと
  • 本市に住所を有し、本市の区域内において、自らが居住する住宅に発電システムを設置した個人または発電システムが設置されている住宅(以下「建売住宅」という。)を購入された個人
  • 設置場所において住居と同一敷地であっても、事務所、倉庫、納屋、駐車場等の母屋と異なる建築物の屋根は補助の対象になりません
  • 発電システムの設置後、電力会社と電力受給契約を結んでいること

B:蓄電池+太陽光  同時設置

  • 申請者は住宅用太陽光発電システム設置費補助金(A)の対象者であること

蓄電池単体の申請可否

不可
(太陽光発電の「増設」は対象外となります)


補助対象設備条件

太陽光発電設備

  • 設置する発電システムは未使用品であること
  • 発電システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が10kW未満であること

蓄電設備

  • 設置する蓄電設備が未使用品であること
  • 設置する蓄電設備が太陽光発電システムと常時接続され、同システムが発電する電気を充電できること
  • 設置する蓄電設備が日本産業規格または一般社団法人電池工業会規格に適合していること
  • 設置する蓄電設備の蓄電容量が1kWh(キロワット時)以上であること

申請時期

2021/4/1 ~2021/12/28


申請のタイミング

工事完了後の申請のみ
※郵送申請  不可


申請必要書類

  • 申請書兼完了報告書
  • 住民票の写し
  • 市税の完納証明書
  • 電力会社との電力受給契約確認書のコピー
  • 太陽光発電システムの設置費に係る工事請負契約書のコピー
  • 太陽光発電システムの設置費に係る領収書のコピー
  • 出力対比表の原本
  • その他市長が必要と認める書類
  • 太陽光発電・蓄電設備が確認できる写真
  • 太陽光発電・蓄電設備が確認できる配置図
  • 蓄電設備の型式、規格、蓄電容量など仕様がわかるカタログ等
  • 回路図等の写し
  • 太陽光発電・蓄電設備設置の契約書の写し
  • 太陽光発電・蓄電設備設置の設置費用が確認できる領収書の写し
  • その他市長が必要と認める書類

引用:八幡市公式ホームページ

蓄電池設置の相談・問合せ

補助金についてはもちろん、最新機種情報、あなたのご家庭にぴったりの蓄電池についてなど、様々なご質問を承っております。
どの地域でも、補助金は受付件数に限りがあります。蓄電池導入をご検討されているかたはお早めにお問合せください。
まずはお気軽にお問合せを。お待ちしております!


こちらには現在人気の蓄電池ラインナップを掲載しております。
蓄電池にもその時々の流行りがございますので、どうぞ合わせてチェックしてみてください!

※補助金制度は地域や時期によって内容が異なります。
※代行時も、お客様にてご準備いただく必要書類がございます。

support
0120109296 資料請求から補助金まで無料メール相談 資料請求から補助金まで無料メール相談